MEMBER ~ Liaison Saxophones Ensemble

2008年、国内外で活躍中のサクソフォン奏者により結成された、サクソフォン・アンサンブル。
指揮者に家田厚志氏を迎え、古典から現代まで幅広いレパートリーと真摯に向き合い、クラシック・サクソフォンの表現の限界に迫る。


  Sopranino Saxophone

野原武伸 Takenobu NOHARA , [President]

nohara.jpg 東京藝術大学、フランス国立リヨン音楽院卒業。複数の国際コンクールに入賞し頭角を現す。サクソフォン奏者として、指揮者、教育者としても手腕を発揮。野原デュオ「伝説」をリリース。2002年度「バンドジャーナル」ワンポイントレッスンを1年間担当。現在、昭和音楽大学、国立音楽院講師。

  Soprano Saxophone

貝沼拓実 Takumi KAINUMA , [Concertmaster]

kainuma.jpg 東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。第22回日本管打楽器コンクール第2位入賞。第4回アドルフ・サックス国際コンクール第3位入賞。洗足学園音楽大学、くらしき作陽大学、東京藝術大学講師。クローバー・サクソフォン・クヮルテット、テナーサクソフォン奏者。シエナ・ウインド・オーケストラ団員。


持田崇 Takashi MOCHIDA

mochida.JPG 島根県出身。洗足学園音楽大学を首席で卒業。同大学主催「デビューコンサート」、ヤマハ株式会社主催「管楽器新人演奏会」、日本サクソフォーン協会主催「新人演奏会」に出演。これまでサクソフォンを桑原雅次、片寄麻美、冨岡和男、大城正司の各氏に師事。


  Alto Saxophone

伊藤あさぎ Asagi ITO

ito.jpg 大阪府出身。東京芸術大学を経て同大学院修士課程を修了。パリ国立高等音楽院第二課程に審査員全員一致で合格、同音楽院第二課程を修了。平成23年度文化庁新進芸術家海外研修員。第25回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第二位、アドルフサックスコンクール(フランス)ファイナリスト、第3回パリサクソフォンコンクール優勝。


佐藤梓 Azusa SATO

sato.jpg 洗足学園音楽大学卒業。在学中に第13回全日本ソリストコンテストにて審査員賞受賞。及び、東京オペラシティにて受賞者披露演奏会に出演。第7回全日本アンサンブルコンクールにて優秀演奏者賞及び全音楽譜出版社賞受賞。第7回大阪国際音楽コンクールにてアヴニール賞受賞。2008年、自身初となるソロリサイタルを催し好評を博す。2009年、第5回武生国際夏季アカデミーに参加し、C.ドゥラングル氏(パリ国立高等音楽院教授)のマスタークラスを受講。及び受講生選抜ヤングアーティストコンサートに出演。サクソフォーンを大城正司、野原武伸の両氏に師事。


瀬川香織 Kaori SEGAWA

OKA_0689.JPG 私立常総学院高等学校卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒業、同校ディプロマコース修了。第12回市川文化会館新人オーディション合格、同演奏会出演。本科コース卒業演奏会出演。第9回TIAAクラシック音楽コンクールに合格、新人賞受賞。室内楽部門にてコンセルヴィヴァン新人オーディションに合格、レ・スプレンデル音楽コンクールに1位なしの2位受賞。サクソフォーンを中村均一、室内楽を岩本伸一、服部吉之、真理子夫妻の各氏に師事。現在コンドー楽器木更津店、カノン音楽アカデミー講師、山野楽器新浦安店講師。


大嶽沙弥 Saya OTAKE

OKA_0603.JPG 国立音楽大学附属高等学校音楽科卒業。昭和音楽大学弦管打楽器コース卒業。2007年YAMAHAエレクトーンステージコンクールにてアンサンブル賞受賞。及び横浜BLITZにて受賞者披露演奏会に出演。2010年ブルクハルト国際コンクールにて入選。同年TIAA全日本クラシックコンサートでサントリーホールにて入賞、奏する。2012年Tamon Bay music festivalにて演奏。サクソフォーンを滝上典彦、原ひとみ、野原武伸の各氏に師事。マスタークラス等でC.ドゥラングルに師事。現在昭和音楽大学大学院1年。L'aille saxophone quartet、サクソフォーンアンサンブル虹メンバー。


  Tenor Saxophone

大栗司麻 Shima OKURI

OKA_0729.JPG 栃木県立栃木女子高等学校卒業。1993年栃木県学生音楽コンクール管楽器部門第1位、同入賞者演奏会に出演。
 1994年東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。1996、1998年同大学室内楽定期演奏会に出演。1998年同大学卒業、同大学同声会卒業演奏会、ヤマハ(株)第2回木管楽器新人演奏会に出演。
 1999年より渡仏。2000年フランス国立リヨン音楽院最高課程を審査員全員一致の一等賞を得て修了。同年ルクセンブルクヨーロピアン音楽コンクールにて銀メダル、第8回ピカルディーヨロピアン音楽コンクールにて次点第1位、2001年第1回リモージュ国際ポピュラーミュージックコンクールセミファイナリスト、第12回イルザック国際室内楽コンクールセミファイナリスト。同年リヨン音楽院ソルフェージュ専攻課程修了。2003年フランス国立モンペリエ音楽院最高課程修了の後、帰国。現在、ソロをはじめ、室内楽、吹奏楽、オーケストラ、映画音楽のレコーディングに参加の他、後進の指導にも力を入れている。


島田和音 Kazuto SHIMADA

shimada.JPG 栃木県出身。昭和音楽大学卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。現在、各地でクリニックやコンサート、編曲家、指揮者として活動。サクソフォンを、松沢増保、武藤賢一郎の各氏に師事。「音楽集団「L∞ps!」、創作グループ「ないものねだり」 メンバー、高崎経済大学直属応援団附属吹奏楽部常任指揮者、真岡ウインドオーケストラ副指揮者。


中嶋紗也 Saya NAKAJIMA

__.JPG 東京都出身。これまでにサクソフォーンを後藤典子、冨岡祐子、貝沼拓実、冨岡和男、須川展也の各氏に、室内楽を貝沼拓実、大城正司の各氏に師事。現在、東京芸術大学器楽科4年に在学。


  Baritone Saxophone

高橋龍之介 Ryunosuke TAKAHASHI

OKA_0497.JPG 神奈川県出身。第19回日本クラシック音楽コンクールジュニアの部、1位2位なしの3位(最高位)、第12回Jr.サクソフォーンコンクール3位入賞。第16回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルにおいてジャン=イヴ・フルモー氏のクラスを受講。須川展也氏、クリスチャン・ヴィルトゥ氏のマスタークラスを受講。サクソフォーンを河西麻希、池上政人、福本信太郎の各氏に、室内楽を有村純親氏に師事。現在、昭和音楽大学3年在学。


鈴木啓人 Akito SUZUKI

OKA_0584.JPG 福島県出身。洗足学園音楽大学卒業、同大学音楽専攻科修了。木管合奏団「Lumières Variées(リュミエール・ヴァリエ)」メンバー。アルバム「エッセイの木」「分光模様」(ブレーン)をリリース。サクソフォンを野原武伸、東涼太、大城正司、O.フロフニックの各氏に、室内楽を二宮和弘、池上政人、岩本伸一の各氏に師事。

http://www.lumieres-variees.com/


浜里明 Akira HAMASATO

OKA_0469.JPG 長崎県五島市出身。昭和音楽大学卒業。2012年、昭和音楽大学大学院修士課程修了。2010年、第20回クラシック音楽コンクール木管楽器部門において第4位を受賞。これまでにサクソフォンを彦坂眞一郎、田中靖人、波多江史朗の各氏に、室内楽を新井靖志、 福本信太郎の各氏に師事。


  Bass Saxophone

村田淳一 Jun-ichi MURATA

OKA_0461.JPG 長野県出身。高校在学時ジュニア・サクソフォーンコンクール第2位の入賞経験がある。昭和音楽大学卒業。在学時に学内演奏会に出演。卒業時、2010年長野県新人演奏会に出演。サクソフォーンを新井靖志、榮村正吾の各氏に室内楽を新井靖志、武藤賢一郎の各氏に師事。また作編曲者としても現在活動中である。


  Contrabass

藤井良子 Yoshiko FUJII

OKA_0704.JPG 桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究生修了。吉浦勝吉、堤俊作、野田一郎の各氏に師事。コントラバス・カルテット「Ladies」メンバー兼アレンジャー。


  Conductor

栗田博文 Hirofumi KURITA  (第4回)

Kurita.JPG 神奈川県小田原市生まれ。1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし一躍注目を集め、翌年、新星日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団を指揮しデビュー。以後、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、群馬交響楽団、広島交響楽団等、国内主要オーケストラを指揮する。
 1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立した。神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者を経て、1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年9月にはフィンランド放送交響楽団より招かれヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。以後、ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団等に客演し、指揮者としてのキャリアを着実に積んでいる。
 また、国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員准教授、愛知県立芸術大学非常勤講師も務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。今後の活躍がさらに注目されている指揮者である。


家田厚志 Atsushi IYEDA  (第1回~第3回)

ieda.JPG 1955年2月神戸市生まれ。大阪追手門大学心理学科(音響心理学専攻)卒業という異色の経歴。1988年、劇団四季「オペラ座の怪人」日本初演を指揮、大成功させ一躍注目を浴びる。以来、国内はもとより海外においても、台北首都歌劇団(台湾)、国立キエフ・オペラ・バレエ劇場管弦楽団(ウクライナ)等を指揮。1994~1996年まで中国・上海放送交響楽団常任指揮者、引き続き2004年まで同団指揮者を務める。クラシック音楽のみならずラジオのDJ、TVコマーシャル等、多方面で活躍。東邦音楽大学特任教授を経て、現在、フィルハーモニア東京指揮者。